安倍総理主催の、「桜を見る会」に焦点が当たっています。

安倍政権になって、その予算は5千万円超へと急速に3倍増。その上、安倍総理の後援会のメンバーが何百人という単位で招待されていた、ということです。

政府側は、「各界で功績のあった方々を招いた」と言いますが、具体的にどのような 基準で選考したのかについては、全く説明しません。5千万円超もの国民の税金を 使いながら、その内訳を説明しなくてよい、ということはあり得ません。

しかも、そこに安倍総理の後援会の方々が何百人単位で招かれていたということですから、本当に「功績のあった方々」という基準であったのかという点にも疑義が生じています。

安倍総理本人にかかる事柄です。安倍総理自身がしっかり説明する必要があります。国民の税金ですから。