今日、衆議院では代表質問1日目。

先週土曜日に、大島衆議院議長が講演で「憲法改正にかかる国民投票法改正案について今国会で合意するべき」という趣旨の発言をしたことは、冒頭から問題となりました。

当然です。議長というのは公平中立な立場から衆議院における議論を差配する立場。それが、(与党が提案している)ある法案に関して、期限を示してそこまでに合意するべきなどと、与党側の片棒を担ぐような発言をするなんて、あり得ません。

この問題の整理をつけるために、今日の衆議院本会議は約1時間半遅れて始まることとなりました。

大島議長には、今回の自らの発言の問題の大きさに、深く思いを致してもらいたいと思います。