今国会では、憲法に関する議論の行方もひとつの注目点です。

安倍総理は、前回の参院選を「憲法を議論する人を選ぶのか、議論すらしない人を選ぶのか」が問われたと言い、参院選の結果を「憲法を議論すべしという民意があった」としています。

まるで私たち野党側が、議論すること自体を拒んでいるような言い方で、極めて不正確かつ、不適切です。

私たちは、議論をすることを認めています。しかも、喫緊の課題として国民投票法を成立させた時に、積み残しの課題であった、国民投票の際のCM規制のあり方を議論しよう、と具体的な提案も行なっています。

それに乗ってきていないのが与党側。すなわち、自分たちの憲法の考え方を議論したいという、勝手なことを言っているだけのこと。それでは物事は進みません。

憲法の議論を進められるか否かは、与党側にかかっていると言えます。