日米貿易協議について、間も無く行われる日米首脳会談において一定の合意がなり、そして発表される見通しと言われています。

農産品や自動車の面で、どのような結果になるのか、本当に日本にとってメリットのあるものとなるのか、しっかり注視したいと思います。

しかしその前にはっきり言えるのは、これだけ交渉が進んでいる中で、国民に対して全く説明がなされない貿易協議はなかったし、極めて問題だということ。

協議がどのような結果であろうと、国民生活に大きな影響を与えます。であればこそ、政府はその内容をできる限り国民に開示するべき。

しかし、政府のこれまでの態度は、国民には最後にチョロッと内容を見せて、十分な議論もないまま一気に国会を通してしまおう、という感じがありあり。

合意がなった後の、政府の態度も鍵です。