25日にも日米首脳間で合意されると言われている日米貿易協議。

農業面についてどれだけ米国から譲歩を迫られているかという点が注目されることはもちろん、加えて、日本として米国への主力輸出産品である自動車について、日本の主張を米国にのませられるのかが鍵です。

この点、大変気になるのは、日本から米国に自動車を輸出する際に米国がかけている2.5パーセントの関税を撤廃させることができるか。

これは、ほぼ不可能になってきている様子で、一体どういうことかと思います。

ただ、それのみならず私が驚いているのは、トランプ大統領が日本を脅すように言ってきた、日本の自動車輸出に関する超過関税について、まだはっきりとはこれを「かけない」と米国に約束させられてはいないようであること。

先般、茂木大臣は、米国との間で「コアエレメント」に関して意見の一致を見た、と豪語しました。

しかし肝心の、自動車輸出に関する超過関税をしないと約束させられないで、何が意見の一致なのか。

25日に明らかになる合意内容では、相当日本が譲歩に譲歩を重ねた結果になっているのではないかと危惧します。