11月に予定されている高知県知事選に対して、現職の尾崎知事が出馬しないことを既に表明しています。

したがって、新人同士が争う選挙になります。

野党としてはしっかりまとまって戦っていくべきだと思います。先般埼玉県知事選があり、与党が推した候補に対して、野党側が勝ちました。今、岩手県知事選が行われています。さらに10月には埼玉県での参議院補欠選挙があります。そしてその後の高知県知事選。

今、立憲民主党と国民民主党の間で会派をともにする議論を進めており、野党が塊を作っていく流れを太くしていこうとしています。

その流れの勢いを増すためにも、ひとつひとつの選挙で、野党がまとまって勝ち抜くことが大切です。したがって、高知も大きな勝負どころです。