日本と韓国の緊張関係は、対抗措置の応酬という展開にまで至っています。

国政に携わる者として、現下の状況には大変憂慮しています。

しかし、その発端が韓国側による徴用工問題などにおける、歴史の「ちゃぶ台返し」にあることを踏まえれば、解決の第一歩は韓国側から出て来なければなりません。そうでなければ、戦後の世界を形成してきた国際的な法秩序、法的安定性は保たれません。

文在寅大統領は、国民感情を煽るのではなく、なだめる役割を果たすべきです。