かんぽ生命保険の不適切な販売実態に関して、かなりの広がりを見せていることに驚きを禁じ得ません。

今日、全ての契約等、総計3000万件について不適切な契約ではなかったか確認を行うという事態に至っています。

3000万件というのは衝撃的な数字でした。

郵政ネットワークが、いかに国民に広く行きわたっている、「ユニバーサル」なものかということを、改めて示していると思います。

そうであればこそ、日本郵政にはしっかりして欲しいし、失墜した信頼を全力で取り戻して欲しいと思います。