参院選の最中、安倍総理が街頭演説をしている際に、ヤジを飛ばした人物が警察から排除されたり、囲まれたりする事案が続いています。

具体的な状況を全て知るわけではないので確たることは言えませんが、このようなことが報道されるような状況になること自体が、安倍政権のもと、日本は一体どのような国になったんだと、悲しくなります。

街頭で演説が行われている時に、賛成、あるいは反対の意見の声を上げることはあります。憲法で保障されている表現の自由の一環です。表現の自由は憲法の中でも特に大切な人権だとされています。「公共の福祉」による制限も、最小限であるべきだとされています。

それに対して、こんなに簡単に警察によって抑止される国って、一体何なのか。特高警察が言論を統制した、戦前の日本を彷彿とさせます。