麻生大臣に対する衆議院での不信任決議案、参議院での問責決議案、双方とも与党等の反対多数で否決。

与党の皆さんは、一様に反対票を投じていましたが、本当にそれでいいのだろうかと心底思います。

忖度、公文書改ざん、破棄、虚偽答弁、審議会報告書の受取拒否、数々の失言……一国の副総理、財務大臣、金融担当大臣としての職を任せるには、問題が多過ぎます。これで責任を問われないのであれば、一体誰が責任を取るのか。

国会の良識が示されず、残念です。