中央官庁における、立て続きの覚せい剤等の事件は何なのでしょうか。先般の経産省での事件に続いて、今度は文科省。

しかも、役所の中で使用していたというのですから、本当に信じられません。

国民生活に大きくかかわる政策を作る霞ヶ関。そこでこんなことが続くということはあってはなりません。