自民党の二階幹事長は、「野党はどこまで行っても野党、当面政権を握ることはない」という趣旨のことを言ったと。

極めて高慢な言い振りだと思います。

もし本当にそう思っているのであれば、なぜ安倍総理はあんなに民主党政権ことを「悪夢のような」と繰り返し、敢えて言うのか。総理側近の萩生田幹事長代行などは、今日「『悪夢のような』ではなく『悪夢』だ」とまで発言しました。なぜか。

すなわち、過去の民主党政権を貶めることをもってしか、自らを浮上させることができないと感じているからではないのか。今、政府与党の立場にありながら、自らが行ってる政策に、絶対の自信がないからではないのか。自信があれば、敢えて過去の民主党政権の時のことを持ち出さなくてもよいはず。

極めてねじれたものを感じます。

選挙となれば、その答えを出すべく、真正面から戦うに尽きます。