BSフジの、プライムニュースに出演しました。今日のテーマは、経済と社会保障、消費税。

今日、毎月政府が発表する「月例経済報告」が発表され、現在の景気認識について、先月に続けての「引き下げ」となりました。

「景気は緩やかに回復している」との基調判断はかろうじて維持していますが、極めて厳しい、というか怪しいレベルだと思います。

景気動向指数も、1月から「下方への局面」、そして3月は「悪化」。1ー3月のGDP速報もプラス成長ではありながら、輸入の急減によってそれが成っているという異常さ。

今回の判断では、生産も、設備投資も引き下げの表現となっています。

そんな中で維持された「緩やかな回復」というのは、本当に首の皮一枚、というところではないでしょうか。

景気は要注意な状況だと思います。