九州地方において大雨が警戒されています。屋久島では既に、大雨のために大きな被害が出ています。

これまでは、単に「夏が近づくな」と思うだけでした。しかし、近年は夏が近づくと、大雨での災害がまた発生するのではないかと、緊張して備えなければなりません。

ハード、ソフトの両面で、備えを高くすることを事前に取り組んでいかなければなりません。

これまでとは違った感覚で、夏を迎えざるをえないことを、しっかり認識しなければなりません。