今日は衆議院農林水産委員会で質疑。

テーマは、農地中間管理機構に関する法律の改正法案。

安倍農政の一丁目一番地の農地中間管理機構。5年前に設立されましたが、農地中間管理機構が「中間的な受け手」として一旦農地を受けた上で、新しい担い手に集積を進めていくという目的については、成果が上がっていません。

とにかく集積しさえすれば「規模の経済」が働いて農業生産性が上がると、極めて短絡的に決めつけて進めた安倍農政は、明らかに失敗しています。

今回の改正法案は、その失敗を理解しながらも、中途半端に問題を糊塗するようなもの。極めて中途半端です。

農地中間管理機構は一旦廃止して、もともと市町村レベルで農業委員会や農地集積円滑化団体の活動への支援を強化していくことの方が、より現場目線に近い解決策ではないかと思います。

 7CA328A1-EF67-467E-961C-B83DE9E06B36