トランプ大統領が、また驚きの決定。イスラエルが武力で占拠し実効支配を続けていたゴラン高原を、イスラエルの領土として認めるという文書に署名をしたのです。

国際社会が認めていないこの実効支配を、アメリカ一国で認めるということは、かなり無理がありますし、中東を、そして国際社会全体を不安定化させる可能性大です。

「力による現状変更」は認めないと、日本もこれまで繰り返し主張してきたはず。トランプ大統領の今回の決定は、まさに「力による現状変更」を認めようというものです。

菅官房長官は、今回のゴラン高原に関するトランプ大統領の決定を認めないと述べました。しかし一方で、このような決定をするトランプ大統領を“ノーベル平和賞”に推薦した安倍総理の感覚を疑います。