辺野古の新たなエリアに、政府は土砂を投入しはじめました。

玉城知事は激しく非難しましたが、もっともなことです。先般、玉城知事が安倍総理と面会した際、安倍総理は沖縄としっかり話し合うということを言っていました。全く口だけ。

土砂投入の映像を見ていて、不思議な気分にさえとらわれます。なぜ、あれだけ多くの県民が、あれだけはっきり反対の意を示している工事に対して、その「沖縄」という現地において、「外」の国側が一方的に土砂を投入することができるのか?

同じようなことは、日本の国内のどこでも起こりうることなのか。そうだとすると、この国の地方自治とは一体何なのか。そう思わざるを得ません。