大阪においては、大阪都構想に関して、今一度府民の民意を問いたいと、松井大阪府知事、吉村大阪市長は辞任をし、それぞれたすき掛けした形で府知事選、市長選をダブルで行うということになりました。

民意を問う、ということ自体は否定できることではありません。しかし、そもそも有権者の皆さんが「今、民意を問うべき」と考えていらっしゃるか、ということもあると思います。

民意を問うべきなのは、有権者の皆さんが「民意を問うべき」と考えている時において、です。今回のダブル選は、この点においてどうも無理があるような感じがしてなりません。

今回のダブル選においては、「大阪都構想、是か非か」のみならず、そもそも「民意を問うことの是非」ということについても、結果にあらわれてくるのではないかと思います。