横畠内閣法制局長官は、即刻辞任するべきです。

国会議員が国会で質問すること等を通じて、政府を監督するという機能を果たしていることについて、小西議員から問われた際、横畠長官は、その機能自体は認めつつ「声を荒げて発言することまでは含まれない」などと、全く余計な、こちらが聞きもしなかったような発言をしました。

しかもこの発言は、法制局長官が担う、法律の解釈に関わるものでは全くなく、単なる横畠長官の「感想」のようなもの。

厳密な法律の解釈を司る、法制局長官がこんな「ヨタ話し」みたいないいがかりをつけてくるなんで、耳を疑いました。

そもそも、あの安保法制の際、横畠長官は安倍総理の意に沿うように、憲法解釈をひねりにひねるような理屈をこね回して、憲法違反の集団的自衛権を擁護した人物です。「法の番人」としての矜持もへったくれもないなと、当時感じたものでした。

今回の横畠氏の発言は、あの安保法制の際の同氏を思い出させました。

安倍政権の傲慢さが、官僚にまで蔓延していることがよくわかる今回の一件。横畠氏は陳謝しましたが、本心は変わらないでしょう。そのような人物に法制局長官として「法の番人」役を担わせるわけにはいきません。即刻辞任するべきです。