参議院予算委員会の、今日の審議は驚きました。

統計不正に関する追加調査報告書に関する樋口特別監察委員会委員長に対する質疑で、「隠蔽の意図はなかったのかと直接尋ねたのか」という趣旨の質問に対して、樋口委員長は、「直接は尋ねていない」と。

これでよく追加調査報告書を発表し、「隠蔽の意図なし」などという結論を出せたなと思います。

このような中で、統計委員会の専門家が、今回の追加調査報告書は、十分な検証を行なっていないとする声明を発表しました。当然だと思います。

これら一連の経緯からすると、この統計不正の問題、全く幕引きにはなっていません。