今日の衆議院予算委員会で質疑に立ちました。

統計不正問題に関して、総理官邸の関与はあったのか、中江前総理秘書官、さらには中江氏と面会していた姉崎元厚労省統計情報部長にも確認を行いました。

私の印象は、姉崎氏は、総理官邸ににらまれないようにと、必死につじつまを合わせようとしている感じ。

中江氏の影響ではない、自分の判断で統計の手法を変えたんだと、状況証拠はそうは見えないにもかかわらず、かなり無理につくろっている印象でした。

一方の中江氏は、相変わらず「記憶にない」の一点張り。

そこで私は、報道にも出ていた、厚労省の毎月勤労統計問題に関する検討会の座長であった阿部座長に、厚労省が2015年9月14日に送ったとされるメールについて、これを開示すべしと訴えました。

厚労省はかなり抵抗しましたが、予算委員会終了後にやっとメールが出てきました。私はそれを見て驚きました。そこに並んでいた文字は、国会での「総理官邸の関与はなかった」とする答弁とは全く正反対のもの。

「委員以外の関係者と調整をしている中で」

「現在、検討会での検討結果等については、官邸関係者に説明をしている段階」

統計手法の変更を、まさに総理官邸と相談しながら行なっていたことが明らかです。

すなわち、「総理官邸の関与はなかった」という、今日の姉崎氏の私への答弁は全て虚偽だっということですし、「記憶にない」という中江氏の言葉もほとんど信憑性がありません。

統計不正の背後に総理官邸の関与があった。

来週以降の国会で、さらに厳しく事実解明を行なっていきます。