北海道の胆振地方で、再び強い地震。昨年9月の大地震の記憶が蘇ってくる中、大きな被害がないことを祈ります。

さて、明日22日の衆議院予算委員会で質疑に立ちます。引き続き統計不正問題を取り上げるつもりです。

特に、賃金の数値がサンプル入れ替えのたびに下振れしないよう、ローテーションサンプリングを導入することを決めた際、中江総理秘書官をはじめ総理官邸の圧力がなかったかということ。

明日は中江元総理秘書官に加え、中江氏と面会をした厚労省の担当者、姉崎元統計情報部長が出席します。その二人を中心に、事実解明に努めていきたいと思います。なぜなら、今のところ分かっている情報では、二人の説明にやや整合しないところがあります。背後に何があるのか。明らかにしなければなりません。

時間は、午前10時から11時15分まで。NHK中継はありませんが、衆議院HPで是非ご覧下さい。