今日の衆議院予算委員会では、統計不正問題に関して、前総理秘書官の関与が議論となりました。統計が実態をより適切に表すための改善策などについて、厚労省に対して総理秘書官が「問題意識」を伝えたことが、厚労省にどう伝わっていたか、どう影響していたか。

総理秘書官は、統計不正にかかるようなことは言っていないと答弁しました。一方、問題はそれを受けて厚労省側がどう受け止め、対応したか。そこが鍵です。

18日月曜日に衆議院予算委員会で統計問題等に間する集中審議が行われます。私も安倍総理等に対して質疑に立つのですが、その際は、この厚労省側の受け止めをしっかり確認したいと思います。

そのために、総理秘書官と面会をした、当時の厚労省の担当者を含めて参考人として、委員会への出席を求めているのですが、さて、与党側は隠すことなくこれらの参考人を出席させてくるか。与党の真相解明への本気度が問われます。

また、18日の質疑の中では、総理秘書官の関与を超えた、安倍政権全体での統計を歪める圧力の実態に迫っていきたいと思います。

18日月曜日の私の質疑時間は、午後1時から45分間。NHKテレビ・ラジオで是非ご視聴下さい。