いよいよ明日から、150日間にわたる通常国会がスタートします。

途中に統一地方選が行われ、閉会後には参院選が行われる、12年に一度というめぐりあわせの年。非常に重要な国会になるのは間違いありません。

毎月勤労統計の不正調査の問題は、冒頭から徹底した原因究明をやり抜かなければなりません。そうでなければ、国会審議の土台たる、全ての政府統計の基盤が揺らいだままです。政府統計に対する信頼が回復しない中で、例えば消費増税問題のような、国民生活に直結する問題を責任をもって議論できるはずがありません。

その消費増税問題、景気、暮らしの問題、さらには外交問題など、国会で議論しなければならない課題は数多くあります。

私自身、立憲民主党・無所属フォーラムとして臨む初めての国会。今国会においては、予算委員会、農林水産委員会、地方創生特別委員会で活動します。

まずは、代表質問の後の予算委員会。激しい議論になりそうです。全力で頑張っていきたいと思います。