夏の参院選に向けて、今週中にも野党党首が党首会談を行い、候補者の一本化に向けて取り組んでいくことを合意する運びになっています。

いい動きだと思います。同時にやっとここまで来たかという感じ。しかし、同時にまだまだ道のりは長いということもしっかり認識しなければなりません。

なぜなら、一本化を合意したとしても、32ある一人区において、「誰」を一本化候補とするのかということを、これから実際に決めていかなければならないからです。

これは簡単なことではありません。

色んな作業をできるだけ前倒し、前倒しで行なっていくべき。もちろん私の佐賀県も一人区。頑張らなければなりません。