天皇陛下の85歳の誕生日を、国民のひとりとして心からお祝い申し上げたいと思います。

来年はいよいよ御代替わりの年。平成の30年間の陛下の歩みを感謝の気持ちとともに心に刻みます。

天皇陛下は、昨日の記者会見において「旅」という言葉を何回かにわたってお使いになりました。その上で「天皇としての旅を終えようとしている今」との感慨も述べられました。

「旅」という言葉を聞いて、私自身が思ったことは、陛下が戦後憲法のもとでの「象徴天皇」とは、いかにあるべきかということを、ご自身が悩み、模索しながら今日までこられたのではないかということでした。

「常に国民とともにある」というお気持ちでずっといて下さっていることが、私たち国民にもひしと感じられました。陛下ご自身そのような思いのもとで「国民統合の象徴」とはどうあるべきか、時には身を削るような思いで、この「旅」を続けてこられたのではないかと思います。

そのような天皇陛下、そしてその旅をともしてこられた皇后陛下のお姿には、感謝の念で一杯です。