今週は、実質的に今年の政府の仕事が終わる週。今年度補正予算案、来年度予算案がまとまる週です。

最後のヤマのポイントが閣僚折衝で整理されていき、予算案の最終的な姿が発表されます。

年が明ければ、通常国会開会直後からの予算案に対する議論をしっかりできるよう準備を加速しなければなりません。

そのためには、今週、予算案の最後の取りまとめの過程をしっかり見届けておく必要があります。

来年の通常国会の論戦は、ある意味もう始まっているとも言えます。