外国人労働者受け入れに関する入管法改正案は、結局与党多数の中で、今日可決成立しました。

短い審議時間の中でさえ、あれだけ多くの問題点が指摘され、かつ内容がスカスカであることも明らかにされたところなので、本当にこれでいいのかという思いが募ります。

今回の法案に対する答弁では、あまりに多くの「法案成立後に検討します」という言葉が繰り返されました。

であれば、私たちが今後行わなければならないのは、国会において、法律の施行状況をしっかりチェックすること。これに力を注いでいかなければなりません。