片山さつき大臣が、政治資金収支報告書を再度訂正。その額600万円あまり。これまで国会でも何度も政治資金の取り扱いの問題を指摘され、もう訂正はない旨の答弁をしていたのに。訂正は今回で4回目。

これまで、私としては、片山大臣の問題を国会でも、その他の公の場でもあまり取り上げてきませんでしたが、4回にものぼる政治資金収支報告書の訂正は異例としか言いようがありません。

事務所スタッフがコロコロと入れ替わってきたために、十分な確認、引き継ぎがなされなかったことが主因かもしれませんが、ここまでくると、それ以上に片山大臣自身が、政治資金収支報告書を重要なものとして、真剣に扱っていたかということが問われるレベルだと思います。

政治資金収支報告書は政治家に対する資金の流れを公開できるようにして、これをもって適切な政治資金のあり方を確保していこうというもの。

間違いを指摘されたら訂正すれば良い、といった軽い考えで取り扱っているとしたら、制度の本旨をないがしろにしていると言わざるを得ません。

片山大臣の、政治家としての姿勢が重く問われます。