来年10月の消費税率引き上げの際の、景気腰折れ対策が、選挙目当てのバラマキの様相をますます呈してきました。

公明党がこの点で頑張っていると見るや、自民党も負けじとアピールか。今日、自民党岸田政調会長らは安倍総理に対策を要請し、これを受けて総理が5%ものポイント還元を表明したと!

消費税率引き上げ時の消費の落ち込みを回避するという名目のために、一体どれだけのバラマキが行われるのか。ポイント5%還元で数千億円規模の財源が必要となるのではとの報道もありました。ここまでくると何のための消費税率引き上げなのか。

しかも、中小事業者から「キャッシュレス」で購入した時のみの特典です。これも一体どれだけの低所得の皆さんが「キャッシュレス」購入をしていて、恩恵を受けるというのか。

とんでもないチグハグ感を、ますます強めてきています。