自民党の憲法改正推進本部長の下村博文氏が、野党に対して「職場放棄」と極めて上から目線で述べたことについて、今日、下村氏が衆議院憲法審査会自民党側幹事候補を辞退する、ということを決めたと言われています。

これをもって責任をとったというつもりなのかもしれませんが、私にすれば「それがどうした」という感じ。

なぜならば、自民党の幹事候補だったと言いますが、それは自民党内部の話。国会の中で何ら公式に議論されていることでもないので、内輪のことです。

内輪のことでもって、「ケジメをつけました」と言われても、そもそもこちらが感知していることではありません。

これをもって、ひと区切りだと考えるのは、これまた「上から目線」なことです。