衆議院予算委員会で質疑に立ちました。

取り上げたのは、財務省・財務大臣への国民の信頼、消費税とこれに伴う逆進性、日米貿易協議の見通し等でした。

特に日米貿易協議に関しては、茂木大臣が農林水産品に関して「全体でTPPの水準までの譲歩が最大限」と言っていることに対してその意味を問いました。

これまで茂木氏は、日EU協定においてチーズ等一部の産品についてTPPを超える譲歩をすでに認めているところがあるので、それについては同じくTPPより譲歩するかもしれない、という趣旨のことを言っていました。

そこで私から、ではそれらチーズ等以外の産品では、TPP以上に譲歩することはないのだな、と確認を求めたところ、茂木大臣は、「交渉ごとですから……」と極めて曖昧な答弁。

ということは、チーズ等の産品以外でもTPP以上の譲歩をすることがあり得るということです。今まで、政府・自民党が行ってきたこととは全く違う話です。コメは、牛肉は、豚肉はどうなるのか。

安倍政権が、ジリジリとトランプ政権に追い込まれてきているのがよく分かります。強く憂慮されますので、国会としても交渉の行方をしっかりモニターしていかなければなりません。

0381AAA6-9E23-4545-99E6-AD15B3083875