さて、いよいよ明日から秋の臨時国会がスタート。

補正予算案、外国人労働者にかかる法案など、注目の課題が続きます。加えて、もちろん、安倍新内閣がその任に能うものなのか、しっかり問うていかなければなりません。

それと同時に、私たち無所属の会としては、今後の会派のあり方についても、しっかりと議論をしていかなければなりません。

野党の大きな塊を作る、というそもそもの会派の立ち位置に照らして、私たちはどう行動していくべきか。この国会会期中にも深い議論が必要です。

忙しい国会になりそうです。