片山さつき大臣の、国税庁への口利き疑惑。本人の説明と、その他からの証言の内容が異なります。真実はどこにあるのか、片山大臣にはしっかり語って欲しいと思います。

片山大臣は、報道は事実無根であるとして訴訟を提起する準備をしているとのこと。まさか、「訴訟にかかることなのでお話できません」などと言う、どこかで聞いたようなセリフをもって、国会など自ら説明しない理由を作ろうとしているのではないかと、ちょっといぶかしく思います。ここまでの記者会見でも、片山大臣は、訴訟を準備していることを理由に、答えなかったという場面があるからです。

訴訟があるから、という理由で、大臣としての説明責任を免れるわけではありません。その説明責任が果たせないようであれば、大臣としての任にあらず、となるわけです。