国民民主党の玉木代表が、来たる参議院選に向けて、一人区のみならず二人区までは野党間で調整を行うべきではないかと、その際には予備選みたいなものを行なって、どちらがより強い候補かを見定めて、絞り込むことによって、与党を利することのない体制を作るべきと言ったとか。

私は、これはひとつの見識ではないかと思います。

しかし、前提は、そのような方式を、立憲民主党も、そして玉木氏が代表を務める国民民主党も認めるということ。国民民主党はこれまで二人区については「現職優先」と言ってきました。

もし両党とも、このような方式でよいということになるとすると、私はひとつの見識ではないかと思います。