無所属の会の政策勉強会で、この秋の国会に政府が提出してくると言われている、外国人労働者の法案の準備状況を、法務省からヒアリングしました。

外国人労働者の受け入れのための、新たな在留資格制度を作るという極めて大きな制度変更であるにもかかわらず、かなりの短期間で法案を作っているために、内容がつまっていなくて大丈夫かな?というのが率直な印象。

重要な法案だけに、しっかり確認していかなければなりません。本当に大丈夫かな??