日米首脳会談において、安倍総理はトランプ大統領との間で、貿易関税に関する二国間協議に入ることを合意。

トランプ氏の「脅し」に屈する形で追い込まれた安倍総理。米国をTPPに引き戻す、とあれだけ主張してきたのは一体何だったのか。

また、今回のは「日米FTA」の協議ではないと、繰り返し言ってきていましたが、農業や自動車を含め、米国との間で関税のあり方をギリギリ議論するわけですし、加えて今後その他の貿易・投資に関することも交渉していくとされていますから、みんなが懸念しているFTAと一体どこが違うというのか。

さらには、農業分野においては、TPPの水準を守りたいと日本がしていることを米国が「尊重する」とのことですが、「尊重」とは何を意味するのか。「尊重」するだけであって、議論の結果として、TPPの水準を上回る譲歩を飲まされるのではないか。

また、協議の間は、自動車に関する関税を引き上げないよう確認したと言われていますが、具体的な文言にはなっていません。それに、「交渉が決裂したら自動車関税を引き上げるぞ」と、喉元にあいくちを突きつけられている状況は全く変わらず、何らの安心材料にはなりません。

安倍総理は、トランプ氏との間で信頼関係があるかのごとく、それが自分の外交成果であるかのごとく言いますが、今回の結果を見ると、いいようにやられているようにしか見えません。