日米通商協議にもう一言。

自動車分野について、米国は例の常識外の高関税を日本車にかけることを圧力の材料としつつ、日米間の自動車の輸出入に関する「数量規制」すら求めてきかねないと思います。

「数量規制」とは、今の国際貿易制度の中では論外のこと。しかし今のトランプ政権はそれすら要求してきかねません。

そんなひどいレベルの議論になるのではないかと心配しています。