自民党総裁選、安倍総理の3選が決まりましたが、一方で石破氏の善戦が注目されます。

安倍一強体制のもとで、森友・加計学園問題等に全く説明責任を果たそうとしない姿勢、あるいは大都市、大企業への一極集中が進む中で地方が置き去りにされていることに、幅広い不満の声があることの表れではなかったかと思います。

安倍総理のもとで来年の参院選は行われることになります。本来であれば今回石破氏が発した声を野党側がしっかり発して、国民の皆さんの思いの受け皿とならなければなりません。

そのような態勢を、野党全体で作ること。今度は私たち野党が問われます。