自民党総裁選で、石破氏支持の斉藤農相に対して「大臣を辞めろ」と言ったという、圧力まがいのことがあったかなかったか。

そのこともさることながら、私が注目したのは安倍総理の昨日の報道番組での、「誰が言ったのか名前を言え」という発言。

斉藤農相が常識的な人であれば、誰だったかなどということを言えるはずがありません。同じ党にいる仲間の行為を公に「チクる」ことに等しいからです。

安倍総理の発言は、それをわかった上で「言ってみろ」と言わんばかりの、強圧的な雰囲気がにじみ出ていました。

この、「力でモノを言わせない」安倍総理の姿勢こそが、今回の総裁選で世に問われていることではないでしょうか。