今日、9月1日は「防災の日」。政府も総合防災訓練を行いました。

近年の「異常気象」とも言える、大雨、台風、寒波、大雪。さらには地震も頻発する日本。多くの国民は自然災害からどのようにして安全でいられるかということに高い関心を持つようになってきていることを、ひしと感じます。

ある世論調査では、関心のある政策課題として、社会保障などと並んで、防災が高いランクにあったとか。

来週は、近年稀な強さの台風が日本列島を襲うと予報されています。

「防災」  確かに大きな課題です。それに今の政府が十分対応できているのか、まっさらな目で、もう一度検証してみることが必要なのではないかと感じます。