中央省庁における障害者雇用率の水増しの問題は、今やかなりの数の省庁に広がっていて唖然とします。

加えて私が、これは何だ、と思うのは、各役所とも尋ねられたことに対して「調査中です」と言うだけで、全く積極的に説明する姿勢を見せないこと。

地方自治体が次々と独自の調査結果を発表している一方で、国の省庁は横並びで「調査中」という言葉に逃げ込んで説明を拒んでいる感じがします。

調査をすると言ってもそんなに時間のかかる難しい調査だとも思えませんし、そもそも6月から厚生労働省を中心に調査をしてきたということですから、なおさらそんなに時間がかかる理由が見つかりません。