翁長雄志沖縄県知事が急逝されたことを受けての沖縄知事選は、9月30日投開票と決まっています。

その後継候補として、翁長氏が生前二人の名前を挙げていたということが明らかになりました。もちろんそれらの方々が後継候補となられるかは定かではないし、実際に誰が候補となっていくのかは、今の段階では極めて不透明です。

ただ、選挙戦がかなり近いこともあり、また自民党総裁選とも重なる時期であることもあり、米軍基地移設問題の帰趨を左右する極めて重要な選挙になることは間違いありません。

私たち無所属の会としても、どのような形で臨むのか、しっかり判断していかなければなりません。