国民民主党の代表選に、玉木さんに次いで津村さんが出馬の意向を表明。

その中で、野党共闘の本気度が玉木候補とは違うと訴えられ、その現実的な一歩として、無所属の会と国会対策で協力することを述べられたとか。

津村さんとは、代表選に関してこれまでも話をする機会がありましたが、具体的にどのような考えなのか、必要に応じて承りたいと思います。

いずれにしても、色々な動きが、野党全体がまとまる流れにつながりますように。