安倍総理は、憲法改正案を自民党として秋の国会に出せるようにするべきだと述べたということです。自民党総裁選において憲法改正を争点とする考えでしょうか。

しかし振り返って見ると、安倍総理は憲法改正論議について、ここまで「一貫して」ぶれつづけて来ました。

最初は、憲法改正発議要件を引き下げるべきだと言い、その後は緊急事態条項を新設すべきだと言い、さらには維新の党にすりよるかのごとく、教育の無償化を盛り込むべきだと言い、極めつけは昨年5月、突然9条に自衛隊を位置づけるべきだと。

そして、今回は総裁選の論点として憲法改正を取り上げてくる構えか。

私には、憲法改正を、自らの政権維持のために、政治利用しているとしか思えません。

憲法問題に関する国民の理解が深まらないのも当然です。