国民民主党の代表選について、現職の玉木さんに対して、津村さんが対抗馬として出馬か、という報道がありました。津村氏の主張は、今の玉木執行部の路線と一線を画し、「野党共闘」路線をはっきり打ち出すとか。

私は本当にそれがはっきり打ち出せるのならいいことだと思います。やはり「対決より解決」という玉木さんのラインではなく、安倍自公政権と徹底的に相対峙するために、野党でしっかり共闘するんだ、とはっきり言えれば。

ただ、その際には問われることがあります。野党共闘を行なっていく際に、今の野党第一党、立憲民主党は、党と党との間で統一会派を組んだり、合流したりすることはないとはっきり言っています。となると、国民民主党として野党共闘路線を打ち出すと言っても、具体的に立憲民主党との間でそれを実現するにははどうするのか、が問われざるを得ません。

その点も含めて、はっきりとした主張がなされるのか、私としても注目していきたいと思います。