通常国会が閉幕し、その後の週末、地元を歩き回りました。

今国会に関して、有権者の皆さんがどう感じていらっしゃったか。

ひとつには、私が思っていた以上に、有権者の皆さんは、安倍政権が森友・加計学園問題などをうやむやにしたことの問題点、さらには国会最終盤、災害対応が重要であるにもかかわらずカジノ法案を優先し、また参議院の定数6増法案をゴリ押ししたことの問題点を、十分に意識されているということでした。

数にものを言わせて何でもかんでも突き進む安倍政権のあり方に対する、根底での不信感はかなり根強くなっていると感じました。

その一方で、それを突き崩せない野党のまとまりのなさに対しても強い指摘をいただきました。もっともです。

そのような、かなり明らかな傾向だったと思います。