大雨から少々あけた今日、地元の被災地域をまわりました。

土砂崩れに見舞われた道の駅、JRの車両に覆いかぶさる土砂、えぐり取られたような河川の護岸、氾濫した河川に危機的な状況だった神社の参道等々、もちろんその他に多数の冠水箇所があり、甚大な被害と言わざるを得ません。

地面が相当に水分を吸い込んでいることもよく分かります。さらなる降雨があったら、被害がさらに広がる恐れも大きいと思われます。

他の地域でも、広島、岡山、愛媛をはじめとする各地では多くの方々の命が失われ、引き続き不明者も多数という、言葉を失うような被害になっています。

人命第一を念頭に、引き続きの救助、警戒態勢が必要です。