国会改革について、小泉進次郎さんが、党首討論をみんなが観れる夜に開催することに理解を示したという報道を見ました。それはそれでよかったなと。

同時に彼が言うには、これだけ国際社会が動く中で、総理とか外務大臣が予算委員会などの国会に拘束されるのは如何なものかと。そのために国会改革をすべきではないかと。

私に言わせれば、その前に、安倍総理自身が自民党総裁として、森友問題については安倍昭恵夫人を国会に出す、加計学園問題については加計理事長を国会に出す、さらに言えば安倍総理自身が国会で真実を語ると決めれば、全てのことが一度に明らかになります。いたずらに総理や外務大臣を国会に呼ぶ必要はなくなります。

それをいつまでも隠したり、否定したりするから長々と国会でひきずるわけです。

それができていないことが今の国会の問題の本質であって、それに目をそらして「国会改革」と言って党首討論の夜の開催をどうこう言ったとしても、真摯に現在の国会の問題に向き合うことにはならないのではないかと、私は思います。