国会会期末前、すわ延長の話が出てくるかとの報道もある緊迫した状況。

野党としてどのような国会論戦で行くかということの難しい判断も迫られます。その際の最も大切な判断基準は、言うまでもなく有権者の皆さんの声。

今日一日、地元を歩き回りましたが、感じました。安倍政権の、森友加計学園問題、あるいは各種法案の強行採決の連続に対する批判の声はかなり強いと。

その声を受けて、自信を持って論戦を展開していきたいと思います。